エボラ出血熱とは

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、Ebola hemorrhagic fever)は、フィロウイルス科のエボラウイルス(Ebola virus)を病原体とする急性ウイルス性感染症。出血熱の一つ。エボラはザイールにある小川に由来し、この地の患者からはじめてウイルスが分離された。


エボラ出血熱関連ニュース

エボラ出血熱特報!
エボラ出血熱特報!
 グランド・ゼロ 感染源
 アフリカ東部ウガンダからの報道によると、コンゴ民主共和国との国境に近い同国西部のブンディブギョ地方で致死率の極めて高いエボラ出血熱の感染者が51人確認され、うち16人が死亡した。 ウガンダ保健当局が11月29日に発表した。
最新エボラ出血熱情報は・・・ポゼスト/狂血
同国での感染の確認は、00年に425人の感染者が確認されて以来。エボラ出血熱は患者の血液に触れることで感染するとみられ、対症療法以外に治療法がなく致死率が50〜90%に達する。【ヨハネスブルク支局】

(引用 livedoorニュース)


エボラ出血熱他のニュース
2001年・感染症の恐怖
 ロイター通信によると、ウガンダ西部のコンゴ民主共和国国境近くで、新種のエボラ出血熱が発生、1日までに18人が死亡、50人以上が感染した。

 医療当局が隔離施設を作り、患者を収容して治療に当たっている。
最新エボラ出血熱情報は・・・感染症法に基づく医師の届出基準


 ウガンダでは2000年にエボラ出血熱が流行し、425人が感染、うち半数以上が死亡した。コンゴ民主共和国でも今年、264人が感染、187人が死亡している。(ヨハネスブルク支局)
(引用 yahooニュース)

エボラ出血熱関連動画
inserted by FC2 system