御手洗冨士夫とは

御手洗 冨士夫(みたらい ふじお、1935年9月23日 - )は経営者・実業家。第6代キヤノン社長(現・会長)。第2代日本経済団体連合会会長。内閣府経済財政諮問会議議員。若者の人間力を高めるための国民会議議長。鉄道貨物協会会長。
キヤノン株式会社の経営者でもある御手洗冨士夫さんの..
キヤノン株式会社の経営者でもある御手洗冨士夫さんの、会社経営による年収って、どの位ですか?★株の配当などの経営以外の収入は除外して計算してください★☆複数の会社を経営してる場合は、それら全ての収入の合計でお答えください☆

最新御手洗冨士夫情報は・・・大逆転


御手洗冨士夫関連ニュース

御手洗冨士夫速報!
御手洗冨士夫速報!
リーダーの決断
 経済同友会の桜井正光代表幹事(リコー会長)は30日、都内で開かれた内外情勢調査会で講演した。政治の焦点の1つとなっている地域経済の活性化策について桜井代表幹事は「地域住民に最も近い基礎自治体(自治体の最小限の単位)をいかに活性化していくかに尽きる」と強調。その上で、(1)基礎自治体を約30万人、300程度に再編(2)都道府県を全国11〜12程度に統合・再編(3)国の管轄は国防・外交などに特化−する改革案を改めて提唱した。
最新御手洗冨士夫情報は・・・経営の極意
 地方分権をめぐっては、全国47都道府県を廃止し、ブロックごとに分ける「道州制」構想が先行している。経済界でも日本経団連の御手洗冨士夫会長が今後10年以内の実現に意欲的なほか、自民党内でも積極論が出始めている
(引用 livedoorニュース)


御手洗冨士夫他のニュース
フェアウエー財界紳士録
 経済同友会の桜井正光代表幹事(リコー会長)は30日、都内で開かれた内外情勢調査会で講演した。政治の焦点の1つとなっている地域経済の活性化策について桜井代表幹事は「地域住民に最も近い基礎自治体(自治体の最小限の単位)をいかに活性化していくかに尽きる」と強調。その上で、(1)基礎自治体を約30万人、300程度に再編(2)都道府県を全国11〜12程度に統合・再編(3)国の管轄は国防・外交などに特化−する改革案を改めて提唱した。
最新御手洗冨士夫情報は・・・なぜ買わないのかなぜ買うのか

 地方分権をめぐっては、全国47都道府県を廃止し、ブロックごとに分ける「道州制」構想が先行している。経済界でも日本経団連の御手洗冨士夫会長が今後10年以内の実現に意欲的なほか、自民党内でも積極論が出始めている
(引用 yahooニュース)

御手洗冨士夫関連動画
inserted by FC2 system