学習到達度調査とは




学習到達度調査関連ニュース

学習到達度調査速報!
学習到達度調査速報!
運動論的学校づくり
 経済協力開発機構(OECD)が4日発表した2006年「国際学習到達度調査」(PISA)は韓国の教育の問題点と現況をよく現している。790ページに及ぶ報告書には、科学的応用力の得点が低かったことに関する分析、最近の小論文ブームの効果、私教育の影響力について詳細に書かれている。◆科学の成績下落の原因は「生物の記述式問題」 科学的応用力における韓国の生徒たちの成績が下がった最大の原因は「生物」だった。
最新学習到達度調査情報は・・・世界標準の読解力
科学的応用力のテストは「地球・天文」「生物」「その他」に分かれているが、その点数は全体平均より「地球・天文」が11点、「その他」が8点高い。しかし「生物」は平均より24点も低かった。生物の点数が低いのは、「記述式問題」が多く出題されたためだ
(引用 livedoorニュース)


学習到達度調査他のニュース
生きるための知識と技能
 町村信孝官房長官は5日午前の記者会見で、すべての分野で順位を下げたOECD(経済協力開発機構)の国際学習到達度調査の結果について、「大変問題」と述べ、危機感を示した。発言の詳細は以下の通り。






 −−OECD(経済協力開発機構)が発表した15歳を対象とした国際学習到達度調査だが、日本はすべての分野で順位を下げた。
最新学習到達度調査情報は・・・PISA 2006年調査評価の枠組み
ゆとり世代とかぶっているが、結果に対する評価と今後の対策についてどのように考えているか

 

 町村長官「私も文部大臣として、広い意味でのゆとり教育を進めた立場でございますから、ああいう結果になったことは大変問題であったのかなとも思っております。ただ、ゆとり教育のエッセンス、考え方は、私は今でも正しいと思っております
(引用 yahooニュース)

学習到達度調査関連動画
inserted by FC2 system