学習到達度調査とは




学習到達度調査関連ニュース

学習到達度調査特報!
学習到達度調査特報!
運動論的学校づくり
 経済協力開発機構(OECD)が4日に発表した2006年「国際学習到達度調査」(PISA)は韓国の教育の問題点と現況をよく表している。790ページに及ぶ報告書には、科学的応用力の得点が低かったことに関する分析、最近の小論文ブームの効果、私教育の影響力について詳細に書かれている。
最新学習到達度調査情報は・・・生きるための知識と技能 3
◆科学成績下落の原因は「生物の記述式問題」 科学的応用力における韓国の生徒たちの成績が下がった最大の原因は「生物」だった。科学的応用力のテストは「地球・天文」「生物」「その他」に分かれているが、その点数は全体平均より「地球・天文」が11点、「その他」が8点高い。しかし「生物」は平均より24点も低かった。生物の点数が低いのは、「記述式問題」が多く出題されたためだ
(引用 livedoorニュース)


学習到達度調査他のニュース
PISA(ピサ)ショック
 2006年に実施された国際学力テスト「国際学習到達度調査」(PISA)で、韓国の生徒たちの科学的応用力が世界で11位と評価されショックが広がっている。しかも最上位圏(今回の調査結果の上位5%に当たる生徒)の成績はこれよりさらに悪い17位だったことが分かった。これは03年の2位から15ランク下がったもので、韓国のエリート科学教育が深刻な危機に瀕していることを物語っている。
最新学習到達度調査情報は・・・言語技術教育(第15号)
 経済協力開発機構(OECD)が4日に発表したところによると、PISA最上位圏生徒の科学的応用力評価で、韓国は全57カ国中17位だった。2000年は5位だった。 また、科学的応用力で最上位圏の成績をマークした韓国人生徒の割合は、他国に比べ非常に低いことも分かった。科学分野の最上位レベルであるレベル6に属する点数を得た韓国人生徒は、韓国の調査対象生徒5000人のうち1.1%で、57カ国中18位にとどまった
(引用 livedoorニュース)

学習到達度調査関連動画
inserted by FC2 system