紅郷楽紅村とは




紅郷楽紅村関連ニュース

紅郷楽紅村最新情報局
紅郷楽紅村最新情報局
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000040-scn-cn
 中国雲南省昭通市魯甸県楽紅郷楽紅村で3日午前8時ごろ、地元小学生4人が、登校途中にインスタントラーメン1個を買い分け合って食べたところ、まもなく腹痛や吐き気を訴え、病院に運ばれたが約1時間後に死亡した。5日付新京報が伝えた。

 調べによると4人は、口から泡を吐き、意識の混濁やけいれんなどの症状を訴えたという。病院では食中毒と診断したが、警察は4人のおう吐物を調べるなどして死因の特定を急いでいる。
最新紅郷楽紅村情報は・・・


 地元政府の食品管理局などは、楽紅郷の食品店28カ所の閉鎖を命じるとともに、各小中学校の児童生徒を対象に同様の被害がないか調査を行った。(編集担当:井上雄介)

■関連ニュース
「赤い黄身の卵」の腹黒売人に懲役2年、罰金4万元 (2007/11/08)
「段ボール肉まん」後遺症にあえぐ中国メディア界 (2007/08/28)

紅郷楽紅村他のニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000020-rcdc-cn
2007年12月3日、中国新聞網によると、雲南省昭通市魯甸県楽紅郷楽紅村で通学途中にインスタントラーメンを食べた小学生4人が死亡した事件で、同省政府は同日、楽紅郷のすべての副食品を販売中止とする措置を決定した。また、全郷28か所の副食品経営部門への検査も行われている。
最新紅郷楽紅村情報は・・・


「中国消費網」の報道によると、昭通市政府などが死亡した小学生の家族を慰問し、一家族あたり2000元(約3万円)の慰問金が渡された。また、葬式などにあたり「困難補助金」として4000元(約6万円)の補助金も出されている。

詳しい死因はなお調査中だが、一般の食中毒ではこれほどの短時間で死亡することは考えられず、毒が入れられた可能性や製造工程で化学物質が混入した可能性などが考えられるという
紅郷楽紅村関連動画
inserted by FC2 system